選んだり食べくらべたりが楽しい!旭川の「あさひかわラーメン村」

選んだり食べくらべたりが楽しい!旭川の「あさひかわラーメン村」

いろいろなご当地ラーメンがある中、札幌・函館と肩をならべて「北海道三大ラーメン」と呼ばれるようになったのが旭川あさひかわラーメン」

「あさひかわラーメン村」では、旭川ラーメンを提供する人気店8軒が勢ぞろいしています。

本店や単独店舗狙いもいいですが、場所的な問題や行列・売り切れ…なんて心配もあるので、気軽に立ち寄って食べるならココ!

「あさひかわラーメン村」ならではの楽しみ方やお店をご紹介していきますね。

詳細情報・アクセスだけ見る

「あさひかわラーメン村」について

「あさひかわラーメン村」はJR旭川駅や旭川動物園から車で約15~20分のところにあります。駐車場はかなり広めで、混雑時でも停めれないということはなさそう。

観光客や団体客がよくくるので、昼間はすこし混雑するかもしれません。夕方頃に行ったらどのお店もすいていました。

さてこの施設、どんな楽しみ方があるかと言うと…

どのお店にする?見ながら決めよう!

旭川のラーメン店にくわしくなくても大丈夫。

お店の外にメニューが貼りだされていて、その場で写真や店内を見ながら選ぶことができます。お店によってはイチオシメニューも一目でわかりますよ!

量も値段も半分の「ミニラーメン」で食べくらべ

各店にハーフサイズが用意されているので、食べくらべがしたい場合は別の味を注文するかハシゴしちゃいましょう。お店も味も迷う…というときはうれしい!

どこのお店もだいたい400円ほどで提供しています。

ラーメン以外にもおもしろい見どころあり

お店だけではなく、休憩スペースやおみやげ屋さんもあります。

「ラーメン村神社」では縁結びならぬ「麺結び」をテーマとしていて、「スープのように熱々の仲が麺のように長く続く」というご利益があるそうです。うまくまとまってる。笑

顔出しパネルや巨大ラーメンベンチなど、撮影にもってこい!

旭川ラーメンってどんなラーメン?

しょうゆのイメージが強いな~くらいの知識だったのでWikipediaを見てみると、ざっくり4つ!

  • 魚介類と豚骨・鶏ガラ・野菜でだしをとったWスープでしょうゆだれのお店が多い
  • スープにラードを入れて冷めにくくなるよう工夫
  • 中細の低加水ちぢれ麺で、スープが麺にからみやすい
  • 旭川名物の「塩ホルモン」や「豚トロ」をチャーシューがわりにしているお店もある

この通りのお店もあれば、独自のラーメンを出しているお店もあるそうです。

「あさひかわラーメン村」に集結するラーメン店8軒

じゃっ、どんなお店があるのかさっそく!と言いつつ実際に行ったのはまだ1軒です…。

ちなみにどのお店が人気なのか調べるとランキングがたくさん出てくるのですが、好みの問題もあるのか意見がバラバラ。

「あさひかわラーメン村」の中だと「青葉」「山頭火」「天金」「梅光軒」あたりがよく紹介されている印象です。ご参考に!

らーめん山頭火さんとうか

はじめに行ったお店が創業29年の「らーめん山頭火」

ただひたすら飽きない、食べやすいをモットーに。
人様に食べて頂くなら下ごしらえから手間暇かけて当たり前。子を思う親心のように優しい気持ちで丁寧につくりました。

お店の紹介文からしてやさしい味わいなんだろうな~と伝わります。

入口横のメニューを見てみると、塩ラーメンがしょうゆラーメンより大きく扱われている…!?もしかして塩にすべき?と思いつつ結局しょうゆを注文。

しょうゆラーメン、820円。具はシンプルにねぎ・メンマ・なると・のり・チャーシュー。器は丸くてころんとした感じです。

この写真だとチャーシュー隠れちゃってるしネギも抜いてもらってたんでした…いろどりがっ!

麺はそこまでちぢれていない…?スープはけっこう濃い!いいしょっぱさ!

食べてから気づいたんですけど、なんか見たことあるなと思ったら札幌にもあちこちあるお店だったあああー!というか、全国にあるんですね。

しかも塩ラーメンからはじまったお店で、むしろ最初は塩ラーメンしかなかったというくらい塩推しのラーメン屋さん。とんこつのまろやかなコクや絶妙な塩加減が好評なようです。

そうとは知らずにしょうゆを注文してしまったけど、おいしかったですよ!これしょうゆのほうがおいしいんじゃない!?たしかめるべく、次回は塩にします。笑

メニュー / 公式サイト / 本店

以降は、食べ次第またレポします!

青葉あおば

昭和22年創業、屋台から始まった北海道・旭川の老舗。
スープは、海の幸、陸の幸をブレンド!化学調味料は一切使わない伝承64年スープが自慢です。

メニュー / 本店

いってつあん

和食の真髄を探求した、この味にいってつ!
本物の味にこだわり、原材料から吟味して和食から取り入れた数種類の魚だしを豚骨とブレンド。丸1日煮込んだスープと、2日間かけてつくるチャーシューが自慢です。

メニュー

いし田

味にこだわり素材に頑固。一途な味を御賞味あれ。
厳選した素材を活かし極うま「すね骨」の豚骨スープ。絵に描いた「頑固おやじ」が味はもちろん価格にもこだわった逸品揃い。オリジナルメニューも大好評。

メニュー

天金

昔の味をそのまま。懐かしさ堪能!
野菜や魚を一切使わず、豚骨・鶏ガラを丸2日間とろ火でじっくり煮こんで作るスープに、中太ちぢれ麺が程好く絡み合った昔ながらの味わい深いラーメンです。

メニュー / 公式サイト / 本店

さいじょう

健康になる 美人になる烏骨鶏ラーメン。
烏骨鶏を丸ごと煮込み、水にもこだわり健康を意識したあっさりコクのあるスープが特徴です。さらに遠赤外線放出特性の天然鉱石ブラックシリカどんぶりを使用。

メニュー / 公式サイト / 本店

工房加藤

昔ながらの味わいを今に伝える熱い一杯。
自家製の豚骨スープに、麺は老舗製麺工場加藤ラーメンの縮れ麺を使用した、昔ながらのコクと旨みの深い味わいをぜひ。

メニュー / 公式サイト / 本店

梅光軒ばいこうえん

進化し続ける。これぞ旭川ラーメン。
トン骨、鶏ガラベースに野菜と魚介のうまみを加えた秘伝のスープに、自家製中細ちぢれ麺が絡み合う至高の一杯。

メニュー / 公式サイト / 本店

引用の出典:あさひかわラーメン村 店舗紹介

「あさひかわラーメン村」のまとめ

旭川に行くならやっぱりラーメンは食べておきたいところ。いろいろ選べる「あさひかわラーメン村」は、観光ついでの腹ごしらえにぴったりです。

行列をさけて別の店にするという選択肢があるので、とくに子ども連れの場合はおすすめ。

8軒制覇するのもよし、同じお店で味を制覇するのもよし!お気に入りのラーメンが見つかりますように!

詳細情報・アクセス

あさひかわラーメン村

住所 〒079-8421 北海道旭川市永山11条4丁目119-48
電話 0166-48-2153
営業時間 11時~20時
定休日
  • 青葉 年中無休
  • いってつ庵 水曜
  • いし田 不定休
  • 天金 火曜
  • 山頭火 年中無休
  • さいじょう 年中無休(元旦のぞく)
  • 工房加藤 不定休
  • 梅光軒 不定休
入場料 無料
駐車場 あり(無料)
支払いクレジットカード不可
天気 関係なし。
リンク 公式サイト / 公式パンフレット 表面(施設概要) 裏面(店舗紹介)

車の場合

  • 旭川市内から道道140号線経由で約15分
  • 旭川空港から道道90号線経由で約25分
  • 札幌市内から高速道路使用で約1時間55分、高速道路不使用で約2時間40分
  • 新千歳空港から高速道路使用で約2時間15分、高速道路不使用で約3時間10分

交通機関の場合

  • 旭川市内から「JR石北本線」利用で約35分
    「旭川駅」で「上川行」乗車→「南永山駅」で下車して徒歩約10分(運賃は片道230円)

Googleマップで出発地を入力してルート検索する

キーワードで探す

キーワード一覧